試験片に関する考察

ネジ

試験片というのは、何かしらの技術開発や素材開発の現場の舞台で用いられる「試行実験調査方法」の1つになります。 例えれば新しい複合金属素材が出来た際には、その金属素材の耐火性や耐衝撃性などを調べる必要があります。 それを調べる為に、その複合金属素材の様々な切り取りをした乱雑な小型化の欠片化をして、そこから色々な耐実験を行っていき、素材の性能を調べていく事となります。 これにかかる費用価格というのは、その素材の開発時のコストとの兼ね合いの部分が大きく、試験片の費用価格というのは一概に言える事柄ではないのが特徴です。 ただ、副産物的に多くの試験片を生産する必要がある為、大量生産の段階ではない開発段階での生産の為にコストが割高になる傾向があります。

試験片の歴史とは、誰もが分からない事だと言えます。 何故なら、イギリスの産業革命以前の時代から「お試し」という概念はごく普通に存在するものであって、それは日本の刀の生産から種子島(鉄砲)の生産の時代からも脈々と続く、一種の「技術テスト」や「素材テスト」の分野と関わりの深い事柄であり、誰もがその発祥などを知る方法は無いと言えます。 よくて、古代ローマという古い時代からの石膏文化の時代から、試験片に類する考え方が存在しているとだけは言えるでしょう。 そんな試験片の歴史は近代においては色々な素材開発などの分野での重要性の高まりから、何かしらの開発の現場においては切っても切れない存在と化しているのも特徴です。