理由と料金相場

電子基板

商品の製造のためには、まずはその商品の材料の強度を、しっかりと確認しておくことが必要になります。そしてその確認のためにおこなわれるのが、材料試験です。 材料試験は、商品の製造に使われる材料と同じ材質の試験片に、様々な影響を与えることでおこなわれます。たとえば上下から力を加えて、どのくらいの力で曲がるのかを調べたり、摩擦によって磨耗する度合いを調べたりといった具合です。 企業によっては材料試験をおこなう設備を有していますが、有していない企業は、材料試験を委託する必要があります。委託する場合の料金は、材料試験の内容によって異なっていて、単純に曲げたり摩擦したりする場合は、試験片1つあたり5千〜1万円ほどが相場となっています。そして、真空の中や高温の中でおこなうなど、条件が増えていくにつれて、料金は段階的に高くなっていきます。

材料試験をおこなうことで、材料がどのような状況でどのくらい耐えることができるかを、確認することができます。そしてこれにより、その材料で製造した商品の耐久度や、安全な使用方法が明らかになります。具体的にどのくらいの熱や衝撃を与えれば故障してしまうのかということも、判明するわけです。 安全な使用方法が材料試験により判明しているわけですから、企業はその商品を客に安心して使用してもらうことができます。客も、材料試験により強度が明らかになっている商品なら、故障しないように正しく使用することができるため、安心して購入できます。 つまり材料試験は、安全な商品を世に提供するために、そして売り上げを良くするために、おこなわれているわけです。