システム化で効率化

工具

ファミリーレストランなどに行くと、接客係が客のオーダーに応じてハンディな端末を操作している姿をよく見かけます。伝票なしで料理の注文や会計ができてしまう大変便利な方式ですが、あのようなシステムをオーダーエントリーシステムといいます。 オーダーエントリーシステムは飲食店のようなサービス形態を持つ店舗向けに開発された、POSシステムの一種です。従来は手書きの伝票を回したり口頭で伝えあっていたりした注文業務を高度通信技術に置き換えることによって、注文誤りや伝達もれといったミスをなくすことができるようになるというメリットがあります。また、それと同時に接客担当者や会計担当者の負担を軽減するのにも役立ちます。

オーダーエントリーシステムの一般的な利用スタイルは次のとおりです。まず、客はオーダーをしたい際にはテーブル備え付けの呼び出しボタンを押します。すると接客担当者が該当のテーブルに出向きます。 次に、オーダーを受けた担当者はその内容を情報端末に入力します。するとバックヤードにあるメインコンピュータに無線送信され、それに基づいて厨房は料理を調製し、客に供します。 一方、同じ情報が会計レジの方にも送信されます。そのため、精算時には請求金額がすでに計算されています。 オーダーエントリーシステムの採用により、客側は手の空いている接客係をいちいち探す必要がなくなりますし、接客係もテーブルと厨房の間を何往復もしなくていいようになります。 なお、現在では客自身がタッチパネル式の端末を操作するシステムも実用化されており、回転寿司店などでよく見かけます。